慢性腎臓病になったら|初期なら完治できる癌|悪化する前に食い止めろ

初期なら完治できる癌|悪化する前に食い止めろ

看護師
このエントリーをはてなブックマークに追加

慢性腎臓病になったら

痛がる男性

腎臓病とは

腎臓は尿によって体内の水分量の調節をしたり、老廃物を尿として出したり、電解質を調整するなどの重要な役割を担っています。なんらかの理由で腎臓の働きが悪くなると、体に老廃物がたまってしまう、水が体にたまりむくんでしまう、貧血になる、体内に電解質がたまってしまうといった状態が起こります。このような状態を腎不全といい、急性腎不全は腎臓の機能が回復する可能性がありますが、慢性腎不全になると回復の見込みがなくなり、透析を受ける必要が出てきます。慢性腎不全は初期には自覚症状がないのが特徴です。進行すると、症状としてむくみや倦怠感、夜間に尿が多くなる、貧血などがあらわれてきます。世田谷区にも、慢性腎臓病に苦しんでいる人が多くいます。まずは世田谷区で腎臓病に特化している病院を探してみるといいでしょう。

治療法

透析とは、正確には血液透析療法といい、血液を機械に通すことで老廃物を除去したり、余分な水分を除去したりするものです。一般的に透析をするために1週間に2、3回病院に通います。1回の透析にかかる時間は4時間以上と言われています。透析にかかる費用としては1ヶ月に約40万円です。透析を始めると、合併症を伴うことがよくあります。どのような合併症があるのかしっかり医師に確認をし、適切な対応をすることが大切です。他にも移植手術などの方法があります。海外では移植手術も多く行われていますが、日本では透析をする人が圧倒的に多いようです。世田谷区にも透析をしている病院はあります。まずはインターネットなどで世田谷区の中で透析内科という診療科があるところを探してみましょう。